オフィス内で利用する名刺入れは、回転式を利用します。自分の管理のしやすいところに差し込むことが出来ます。

オフィスを演出する専門店ガイド
Navigation
オフィスを演出する専門店ガイド

オフィスで使う名刺入れは回転式が便利

営業担当者であれば、顧客管理をする必要があります。最近は、パソコン上で行うことが多くなっています。ですから、そちらに入力して、会社内で情報を共有していることもあるでしょう。そうでないと、一つの会社に何人もがアプローチしてしまう場合がありあす。それは非効率になります。顧客管理においては、商談の内容であったり、過去の販売実績などの情報が入りますが、それ以上に重要なのは担当者です。コンタクトを取るときは、その人に連絡をします。

担当者に関しては、常に同じ人の場合もあれば、変更されることもあります。役職が変わられることもあります。そのときにもらうのが名刺になります。名刺においては、会社名や、名前、役職のほか、メールアドレスが記載されていることがあります。こちらで連絡を取ることもあるので、管理をしておきます。データとして入力すれば名刺は必要なくなるかですがそうではありません。大事なお客さんからいただいたものなので、きちんと管理をします。

オフィス内においては、名刺入れによって管理をしておくようにします。どのタイプが便利でしょうか。やはり、検索しやすいタイプが良いです。そこで利用したいのが回転式のものです。こちらであれば、新たに追加しやすいです。社名の五十音順で並べようとするとき、あ行の会社を追加するとき、すべてずらしていくのは大変です。回転式であれば、該当する部分に差し込めばよいです。探すときは、回転させれば良いのです。

オフィスやオフィスワークの参考になるネタは情報量が多いこのサイトがお勧め